印刷通販でよく見かける、コート・マット・上質紙って何?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、cottala-becco編集部のハセドンです。今回は印刷通販等で見かける事が増えてきた印刷用紙の種類についてお話したいと思います。印刷用紙には様々な種類がありますが、今回取り上げる「コート」「マット」「上質」の3種類は、特に使われる事が多い印刷用紙の代表的な総称です。

印刷用紙は、大きく分けて紙面への塗工がある「塗工紙」と、塗工がない「非塗工紙」の2種類に分類されます。コート紙やマット紙は塗工紙であり、上質紙は非塗工紙に分類されます。
今回は、用紙の特徴だけではなく注意点なども交えながらお話してみたいと思います。


コート(グロスコート)紙とは?

上質紙をベースにグロス系の塗料を塗工した用紙です。一般的に「コート紙」と呼ばれる物はグロスコート紙の事を指します。光沢があり平滑度が高い用紙なので、彩度が高く写真等の再現性に優れるため、画像がメインの印刷物に適しています。

手触りはツルツルしており見た目にも光沢があります。コート紙は筆記性が特に悪いので、アンケートなどの記入用途での使用には不向きです。

マット(マットコート)紙とは?

上質紙をベースにマット系の塗料を塗工した用紙です。一般的に「マット」や「マットコート」と呼ばれており、用紙面は低光沢に抑えられ、コート紙と比べ長時間見ていても目が疲れにくいという特徴があります。印刷表現はしっとりとした高級感あるイメージに仕上がります。

平滑度が低いため、絵柄にベタの面積が多い場合は、用紙同士が擦れてインキが落ちる・転移する場合があります。

上質紙とは?

上質紙とは、コート紙やマット紙と違い再現性などの適正を上げる塗料が塗工されていないため、表面に光沢や艶が少ない用紙です。塗工がないので紙面の照りがなく、文字が読みやすいので、書籍など文章を読ませる印刷物に向いており、また、筆記性も高いのでアンケート等の記入用途でも多く使われます。上質紙の中でも、紙に色を入れ製造された物を「色上質紙」と呼びます。

上質紙は、平滑度が低いため沈んだ感じに印刷されます。また、インキが用紙に滲みやすく、カラー印刷にはあまり適していないので、主に単色印刷に使用されます。

どうでしたか?この基本の3種類を覚えておくと、紙のチョイスで迷わなくなるのではないでしょうか?
ドゥプリントでは、アイテムに合わせプロが印刷用紙を厳選し設定しておりますので、ご安心してご利用して頂ければと思います。

LINEで送る
Pocket