Wordでカンタン!年賀状印刷 〜文面印刷編〜

LINEで送る
Pocket

この記事は、前回(Wordでカンタン!年賀状印刷 〜宛名面印刷編〜)の続きです。

こんにちは、cottala-becco編集担当のチャリダー ハセガワです。
皆さんは年賀状をどのように作成しておりますでしょうか。
最近はパソコンの年賀状作成ソフトを使用して、自分で作成する方が多いと思いますが、実はMicrosoft Wordでも年賀状の文面印刷ができるのです。

今回は、Wordで年賀状の文面作成と印刷を行う方法を解説します。

本解説ではWindows版Microsoft Word 2016で解説を致します。 2016以前のバージョンでも作成可能ですが、若干異なる部分がありますのでバージョンの違いを読み替えて作成してください。 また、Macintosh版Microsoft Word 2016には、はがき印刷機能が無くWindows版と同じように年賀状を作成することができません。Macintoshをご使用の方はバージョン2011をご使用ください。

文面の作成

はがきの文面作成も宛名面作成と同じく、対話形式で作成できる「ウィザード」機能が用意されており、このウィザードに沿って操作を行うと簡単に作成することができます。

1. はじめにWordを起動し、「白紙の文書」をクリックします。

2. 「差し込み文書」タブの「はがき印刷」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「文面の作成」をクリックします。

3. 「はがき文面作成」のウィザードが表示されますので、「次へ」ボタンをクリックします。

4. 「はがきの文面を選択してください」と表示されますので、「年賀状」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

5. 「レイアウトを選択してください」と表示されますので、「レイアウト」の中からお好きなものを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

6. 「題字を選択してください」と表示されますので、「題字」からお好きなものを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

7. 「あいさつ文を選択してください」と表示されますので、「あいさつ文」と「年号」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

8. 「差出人情報を入力してください」と表示されますので、「差出人を印刷する」のチェックボックスのチェックを入れ、差出人情報を入力し(宛名作成時に差出人情報を入力していると、自動で入力されます)、「次へ」ボタンをクリックします。 

なお、「差出人を印刷する」のチェックボックスのチェックを外すと差出人情報が印刷されません。

9. 「設定は完了しました。」と表示されますので、「完了」ボタンをクリックします。

10. これで文面が完成しましたので、ファイル名を「年賀状文面.docx」などとして保存します。

11. レイアウトの調整など 完成した文面は、自由に編集することが出来ますので、お好みのレイアウトに編集してみましょう。
また、Word付属のイラストやテンプレートは数が少ないので、別途購入するか無料で使用可能なデータを入手して使用することもできます。

イラスト及びテンプレート配布サイト

必ず利用規約をご確認の上、使用してください。

入手したイラストの使用方法

入手したデータは、Wordに挿入して使用することが出来ます。
では、実際に挿入してみましょう。

1. 「挿入」タブをクリックし、表示されるメニューから「画像」をクリックします。

2. 「図の挿入」ダイアログが表示されますので、入手したデータを選択し「挿入」ボタンをクリックします。


3. 文面に先程選択したデータが挿入されますので、不要なイラストを削除しサイズを調整します。


このように、イラストを変更するだけでもイメージが変わりますので、オリジナルの年賀状を作ってみましょう。

文面の印刷

文面の印刷は、普通に印刷することで印刷できます。宛名印刷のように、特殊な操作は必要ありません。

1. 「ファイル」タブをクリックします。

2. 「印刷」をクリックします。

3. 印刷するプリンターを選択し、「プリンターのプロパティ」をクリックして年賀状用の印刷設定を行います。

年賀状用の印刷設定は、一般的には用紙サイズを「ハガキ」に、用紙の種類を「厚紙」や「葉書」(インクジェットプリンターの場合はインクジェット用葉書など)で印刷します。詳しくはご使用のプリンターの説明書をご確認ください。

年賀状用の印刷設定ができましたら、印刷する部数を入力し「印刷」ボタンをクリックすることで印刷が開始されます。

注意

初めに数枚試し刷りを行い問題がないか確認してから、必要枚数を印刷するようにしましょう。これにより印刷ミスを防ぐことができます。 天地を逆さまに印刷してしまう事が多々ありますので、用紙の向きには注意しましょう。

なお、印刷に失敗しても郵便局が販売している「郵便はがき」や「年賀はがき」は、所定の手数料を支払うことで新しい物と交換してもらえます。詳しくは郵便局のWebサイトをご確認ください。

書き損じはがき・切手の交換(郵便局Webサイト)

 


いかがでしたでしょうか。
今回は、Wordで年賀状の文面印刷を行う方法を解説致しました。

年賀状作成ソフトには、年賀状を作成する上で便利な機能がありますが、そのような機能が必要ない場合はWordだけでも年賀状を作成し印刷できます。

前回の宛名印刷の記事と合わせ、Wordで年賀状を作ってみてください。

投稿者プロフィール

チャリダー ハセガワ
チャリダー ハセガワ
最近自転車にはまり、ロードバイクやクロスバイクであちこち走っています。風を切って走ると気持ちいい。北海道は雪のため乗れるシーズンが短いのが残念。
LINEで送る
Pocket